社団法人 埼玉県トラック協会
アクセス お問い合わせ サイトマップ
埼玉県トラック協会について トピックス トラック運輸事業者検索 会員のページ
トップページ > 安全・環境・防災への取り組み

安全・環境・防災への取り組み


安全への取り組み


交通安全指導車


 安全運行とエコ・ドライブを独自にチェックする交通安全指導車を2台導入し、県内幹線道路にて交通安全指導活動を行っています。
 速度違反や危険行為などの改善を指導し、またアイドリング・ストップにも目を配り、環境にやさしい運行の指導にもあたっています。
 指導車は空色。乗車している交通安全指導員は会員各社の運行管理者で、県内22支部での持ち回りとなっているため、会員の意識啓発の役割も果たしています。

交通安全体験車の導入


 当協会では、従来から各支部の社会貢献活動として、小学校等でトラックを使用しての交通安全教育を実施しているが、会員事業者及び一般県民に対する交通安全教育をより効果的に実施するため、この度、14種類の体験学習型機器を搭載した最新式の交通安全体験車を導入したものです。



先進安全トラック(ASV)の促進


 近年、大型トラックに起因する重大事故が多発し、大きな社会問題となっています。
 このような状況から、埼玉県トラック協会では、独自で、各種安全装置を備えた「安全なトラック」の実証実験を行い、トラックメーカー等に提言、提案をし、安全水準の高いトラックの実現に向け取り組んでいます。



環境問題への対応


「彩の国青空再生戦略」を推進する活動として、低公害車の導入を促進するとともに、総合教育センターの研修等を通してアイドリングストップや、急発進加速をやめるエコドライブを推進しています。

改正「自動車NOxPM法」が交付され、埼玉県生活環境保全条例が制定された中、ディーゼル車規制に対し、社団法人埼玉県トラック協会は、
  • 中小零細業者が買い替えを行えるよう、低利融資や補助制度を創設、税制上も優遇措置を行うなどの強力な経済的支援等を。
  • 県外からの流入車に同様の規制を行い不公平を生じさせない。また、荷主を含めた受益者全体で環境コスト負担を。
  • CNG(天然ガス)車など低公害車の普及を図るため、燃料供給施設の設置の積極的な推進を。

行政に対して支援措置の要望、規制施行における意見を述べる等、業界としの環境を守る為の活動を積極的に行っています。 また、都市部や県内山間部へCO2削減対策として「トラックの森づくり(植樹事業)」を行っています。

防災への取り組み


防災対策緊急輸送用ボート


 防災対策緊急輸送用ボート2艇を常備しています。災害時には即座に対応できる態勢を整えています。
 県内7市町村と防災協定を結び救助活動を支援します。
このページの上部へ